« September 2011 | Main | December 2011 »

November 2011

2011.11.16

『キノの旅XV -the Beautiful World-』

キノの旅(15)

キノの旅(15)
著者:時雨沢恵一
価格:599円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 年に一度のお楽しみ、『キノの旅』も15巻です。
 一身上の都合により「買うだけ買って読んでなかった本をまとめ読みしようキャンペーン」実施中でリストアップした作品を順次読んでいってる最中でも即読みせずにはいられません。
 今巻も安定の面白さでとても良かったです。

 『フォトの日々』のフォトとソウのやりとりがとても好きなのですが、国に落ち着いて暮らし始めてしまったということはもう登場しないのかな……再登場期待してただけにあっと言う間に定住してしまったのが少々不満ではありますが、フォトは旅人というわけじゃないし仕方ないよね……。

 『ケダモノの国』『犯人のいる国』と、淡々としている中にも登場人物の強さやしたたかさがよくわかる話を続けて読めて大満足です。
 次の巻も楽しみに待ちたいと思います!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.02

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』

【送料無料】ビブリア古書堂の事件手帖

【送料無料】ビブリア古書堂の事件手帖
価格:620円(税込、送料別)

 あらすじと言うよりは表紙のイラストが綺麗なのに惹かれて購入。
 過去にあったある事件のせいで本を読めなくなってしまった主人公と、本の虫かつ尋常でない洞察力を持つ栞子さんが古書をめぐる様々な事件を解決するという体裁の物語です。

 古書の知識や過去の名作にまつわるエピソードなどが全編通してほど良く散りばめられていて、表題になっている作品を読んだことがなくても問題なく楽しめます。
 連作短編形式なのでするすると読みやすく、各エピソードに登場する人物達にもおおむね好感が抱けて、トータルではさわやかな気分で読み終えることの出来る一冊。
 若干「栞子さんそれは名探偵過ぎるんじゃないか?」と思える節もなきにしもあらずですが、まあ無理のないレベルなのでひっかかるほどではないかな……?

 書店では目につくところに展開されていることが多く売れてるんだなと思ってたらつい先日続きが刊行されましたね。購入済みですのでまた楽しみに読んでゆきたいと思います。私は志田さんが好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | December 2011 »