« May 2011 | Main | July 2011 »

June 2011

2011.06.16

『円環少女11 新世界の門』

【送料無料】円環少女(11)

【送料無料】円環少女(11)
価格:660円(税込、送料別)

 『円環少女』シリーズ、読んでるのこそ今ですが購入自体は全て発刊直後に済ませております。
 故に10巻・11巻・12巻と無理矢理萌え系(?)の帯になってるのが気になります。
 内容シリアスなのになんでこんなアホな帯なの……とデザインした方には申し訳ないけれどちょっと萎えなくもない。特にこの11巻の帯、なんで「あのメイドの謎も明らかに!」なんて書かなきゃならんかったんだろう。
 ライトノベルを売り込むのは大変なんですかね。でも第11巻ともなれば明らかにこれまで読み進めて来た人間しか買わないんだから今さらそっち方向のコピーをつけてどうしたいんだ。

 と、苦言から入るのは今巻できずながまたやらかしてくれちゃったから。
 ようやく戦う決意を固めたのかと思ったらコイツはまた……!(もはやコイツ呼ばわり)
 再演魔導師としてそれだけの力を持ちながら、精神的な弱さでみすみす敵増やすとか有り得ねーすわ。前巻のラストで一線を越えちゃってたからきずなにはちょっとだけ期待してたんだけどな……もうやだこの子……。
 心が弱いキャラ、っつか自分は戦わないのに戦う人間を批判するキャラ嫌いなんですよ。

 それはともかく物語は最終局面へ。
 残り2巻、仁とメイゼルの活躍から目が離せません! ね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『円環少女10 運命の螺旋』

【送料無料】円環少女(10)

【送料無料】円環少女(10)
価格:660円(税込、送料別)

 第10巻にしてようやく明かされる、メイゼルが「刻印魔導師になった理由」。

 メイゼルの母イリーズの戦闘は破滅的な規模の大きさがいっそ清々しく、メイゼルの神前裁判は独特の迫力があって強烈に印象に残りました。素晴らしい!

 冒頭にあったような《鬼火衆》との日常風景をもっと描いて欲しかった気もしますが……(DVD消されてるとか面白すぎるwww)。てか名前が出て来ると死んじゃうのかな、虎坂井レイ以外の《鬼火衆》は……(泣)。

 そして最後の最後においしいところをみんな持って行く王子護さん! 私は大好きだな王子護さん!
 このシリーズに出て来るキャラクターは、きずな以外はみんな好きです。←←←

 というところで次巻も楽しみに読みたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.06.05

『円環少女9 公館陥落』

【送料無料】円環少女(9)

【送料無料】円環少女(9)
価格:580円(税込、送料別)

「今宵の宴は桜が肴か───」

「絶景よな───己の目にはしっかと見える(、、、、、、、、、、、、)

 帯に『鬼神繚乱!!』、今巻の内容に相応しい惹句でありました。
 東郷先生……東郷先生かっこよすぎたよ……(泣)。

 短編集に出て来たニガッタが再登場で一瞬喜んだんですがその役回りが大いに不満でした……。
 コメディの流れで出て来たキャラが、今巻はシリアスな話の中だったとは言えああいう扱いってなんか個人的にすごく違和感あるんですよね……。ニガッタ好きだったから余計に腑に落ちないよ……。

 ともあれ次巻も引き続き読んでゆきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »